石川カオリのブログ

NTHU ESS 大学生 ✈ 阪大工学部留学生(2015/09~2016/08)

AWF合作翻譯:2017.02.14 #0001

#0001 2017年2月14日,
日文原文:吉川彰浩、英譯:三宅達夫。翻譯自一般社團法人AFW。

 

以任何人皆可報名的個人身分再度前往福島第一核電廠,
這篇文章主要是想和大家分享的是幾張臨場感很強的照片。
I visited Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant with general individuals.
I think that it is a photograph with a sense of reality considerably.
福島第一原発に一般個人の皆さまと行ってまいりました。
結構臨場感のある写真だと思います。


從今年開始,將進行二號機組頂樓操作樓層(operati

f:id:wewe_ch15:20170226123232p:plain

ng floor,日文暱稱:「上部」)的拆除,將一直拆到保管使用過核燃料的使用過核燃料的水池高度為止。
From the current year, disassembly of the place called Unit 2 (Operating Floor) will begin.
It is up to the height of the spent fuel pool where spent fuel is stored.
今年度から2号機は上部(オペレティーングフロア)と呼ばれる場所の解体が始まります。
使用済み燃料が保管されている使用済み燃料プールのある高さまでです。


於是乎,現在正在搭建為了這次的拆除作業所需要的鷹架。
Construction of a work platform was further advanced towards that.
それに向けて作業用架台の建設がさらに進んでいました。
さて2号機の格納容器内が600Sv/hを越える線量だと報じられました。

f:id:wewe_ch15:20170226123403p:plain


最近報導指出二號機機組一次圍阻體內最高輻射線量超過600Sv/h,相信應該有很多人因此誤以為就會有大量的輻射物質從二號機組內逸散出來也說不定。
可不可以看見在鷹架上認真工作的工人們呢?照片的畫質很高,歡迎放大來仔細尋找工人們的蹤影,或者下載下來和更多人分享。
Well, it was reported that the inside of the containment vessel of Unit 2 is a dose exceeding 600 Sv / h.
In response to this, perhaps you are misunderstood that a large amount of radioactive material is leaking from Unit 2 Reactor Building.
Can you see that the operators are working on the stand?
Please be sure to upload and check it because the resolution is high.
これを受けて2号機原子炉建屋から大量の放射性物質が漏れていると誤解されている方といるかもしれません。
架台の上に作業員の方々が作業しているのが見えますか
解像度が高いので是非アップしてみてください。


反應器廠房(二次圍阻體)是覆蓋上水泥而建成的,內部樓和樓之間也是水泥牆,還有SUS製的一次圍阻體,而熔融核燃料就在一次圍阻體內。
要和大家強調的是,會讓人一瞬間死亡的高劑量輻射線都還是被區域性的封在廠房內,沒有洩漏出來。
外國媒體CNN在報導中,使用了事故發生當下一、三、四號機組的影片,說著二號機組到現在都還在持續放出輻射性物質。
這並不是事實,現狀是我剛剛說的那樣。
The reactor building is covered with concrete. There is another concrete wall inside it, there is fuel melting down in the SUS made reactor containment.
The important thing is the place of radiation to die in a moment is locally sealed.
CNN reported the story that Unit 2 is issuing high radioactive material using the movies of the 1st, 3rd and 4th explosion at the time of the accident Fukushima in 2011 .
There is nothing beyond the fact. The present situation is this.
原子炉建屋はコンクリートで覆われています。その内部のフロアーの中にまたコンクリートの壁があって、SUS製の原子炉格納容器内に溶け落ちた燃料があります。
大切なのは防護と一瞬で死ぬとされる放射線を出している場所は局所的に封じ込められていると言えることです。
海外CNNでは事故当時の1,3,4号機の動画をニュースに使い福島は今高い放射性物質をまた出していると2号機の話が報じられました。
事実に勝るものはありません。現状はこれです。

 

f:id:wewe_ch15:20170226123531p:plain

在這裡再上傳一張照片。
這是距離二號機組約一公里遠的福島第一核電廠入口。
除了從現在開始要邁向取出燃料的作業這條路上,還要持續地防止不讓輻射性物質逸散到日常生活圈而努力。
Well I will attach another photo.
This is the entrance of the Fukushima Daiichi nuclear plant about 1 km away from Unit 2
Even though there is a challenge for fuel removal, it can be said that scattering of radioactive material to the living area is prevented.
さてもう一枚写真を添付します。
これは2号機から約1km離れた福島第一原発の入り口の様子
ここからも、燃料取り出しへの課題はあっても生活圏への放射性物質の飛散は防げていると言えます。
為了要向這些努力工作的工人們表達謝意,我想我可能在無意間把頭低下。
毀掉的只有核電廠,但也因為這個事件讓雙葉郡可以重新開始,毀掉的原子爐和周遭生活圈的重建是緊密相連的。
I would like to express my appreciation for the hard work of the operators who accomplished this condition.
These situations can advance a new Futaba County
Although it is a broken nuclear plant, it leads to regaining the living area next to it.
この状態を成し遂げた作業員の皆さんのご苦労には頭が下がる思いです。
こういった状況が新しい双葉郡を進められる
壊れた原発だけどその隣で生活圏を取り戻すことが出来るに繋がっています。

 

f:id:wewe_ch15:20170226123608p:plain

最後的照片是核電廠內種植的櫻花。
看得出來花苞長出來了嗎?
沒錯!櫻花也開花了。(譯著:日文俗諺裡有一句話是說「不論再艱難,櫻花總會開花的」,象徵的是歷經劫難後重生的意象)
困難重重、日子一天一天的過去,核電事故未來還有多少未知數待解。
就像櫻花總會綻放一樣,希望總有一點福島第一核電廠這朵花也會綻放。
The last photo is a picture of "Sakura" planted in the power station.
Can you see buds are plumped?
Yes, cherry blossoms will bloom.
Exceeding numerous difficulties and days beyond which I do not understand are connected to the future after the nuclear accident.
I hope Fukushima Daiichi nuclear blossom will also blossom like cherry blossoms bloom.
最後の写真は、発電所構内に植えられている「桜」の写真です。
芽がふっくらしているのが分かりますか?
そう、桜も咲きます。
数々の困難、分からないを超える日々が原子力事故後の未来に繋がっています。
桜が咲く様に、福島第一原発も花開いてほしいですね。